【自分で直せる】Eufy RoboVacが赤ランプエラーで充電できない時の修理方法を解説

  • URLをコピーしました!

我が家の掃除機がけを一手に担ってくれているAnkerのロボット掃除機”Eufy RoboVac 30C MAX”。

ある日リモコン起動しても反応せず、充電ステーションから出てこなくなってしまいました。

よく見ると天面のランプが赤く点灯しているではありませんか。
通常であれば、充電が完了してランプが青く点灯しているはずなのですが…

今まで見たことが無い症状で、よくあるブラシのつまりによるエラーではなさそうなので本腰を入れて原因を探ることにしました。

今回は、RoboVacの赤ランプエラーの対応について解説します。

この記事の結論
  • 充電中に無音で赤ランプ点灯状態になるのはバッテリーの充電不良と考えられる
  • バッテリーはユーザーレビューによるとおおよそ300~500サイクルで寿命を迎えるようで、その場合はバッテリー交換が必要
  • バッテリーは自前で購入・交換可能!
    しかし安全性を考慮して必ず純正品、もしくは適切な規格の互換バッテリーを使用すること
  • バッテリーが寿命を迎える頃には他のパーツも摩耗しているので本体の買い替えを検討してもいいかも…
Amazonタイムセール情報!

5月12日は母の日!

お母さんに感謝を…

執筆者情報

もりけぇ

  • 妻子持ちの30代副業サラリーマン
  • 知識0からブログを始めて独学で収益1万円/月を達成
  • 最高月間PV数は20000PV
  • ブログ運営のノウハウや便利なガジェットについて発信しています
目次

症状

充電中に赤ランプが点灯しているEufy RoboVac 30C Max
赤ランプはエラーのサイン

今回の症状は以下の通り。

  • 充電ステーションにいるRobovac本体の赤ランプが点灯している(ビープ音無し)
  • リモコン操作しても掃除が始まらない
  • 充電ステーションから離れると本体ランプが消える。起動しようとしても動かない。
  • 主電源のON/OFFでも解消しなかった
  • 再度充電ステーションに戻すと、充電中を示すオレンジランプが10秒程度点滅し、赤ランプの点灯に変わる(ビープ音無し)
もりけぇ

お祈りしながらブラシやローラー、バンパー周りを掃除してみましたがエラーは解消しませんでした…

Anker公式サイトにて15C MAXの取扱説明書が公開されていたためトラブルシューティングも確認してみましたが、そもそもビープ音も鳴っていなかったため完全に一致する症状はありませんでした…

原因

ローラーや回転ブラシの異常ではないこと、充電ステーションから離すと本体ランプが完全に消灯してしまうことから総合的に考えて、充電関連の不具合の可能性が高そうです。

充電ステーションとRoboVac本体には特に接触不良のような痕跡はなかったため、おそらくバッテリー内に十分な電力が貯まらなくなっているものと考えられます。

以上の症状を踏まえ、購入から丸2年以上ほぼ毎日稼働していたことからバッテリーの劣化が原因である可能性が高いと考えました。

もりけぇ

他ユーザーのレビューを調べてみたところ、およそ2~3年くらいでバッテリー寿命を迎えている人が多いようです。

バッテリー交換の方法

出来る対応としてはバッテリー交換になります。

Anker公式から交換用バッテリーが販売されており、Amazonから購入できたのでそちらを使用しました。

Eufy 30C MAXのバッテリー電圧は14.4Vなので、同じものを購入しています。

Anker公式が販売しているEufy RoboVacの交換用バッテリー
Anker純正のバッテリー

2023年08月追記
現在純正バッテリーがAmazonにて在庫切れで再入荷の予定も無いようですが、以下の互換バッテリーも使用可能です。
Eufyの機種によって14.4Vと14.8Vの物があるため、必ずご自身の所有する機種と同じバッテリー電圧の物を購入しましょう。

もりけぇ

ロボット掃除機を長く使用していると回転ブラシも傷んでくるので交換するのがおすすめです!

バッテリー交換作業

Anker公式サイトにて交換方法の動画も公開されているため、こちらを参考に自前で交換が可能です。

バッテリー交換の前に本体裏の主電源を必ずOFFにしておきましょう。

動画の指示に従って本体裏のカバーを開けてバッテリーを取り出し、新品のバッテリーにコネクターを差しなおせば交換完了です。

動画内の機種にはありませんが、コネクタ部分にゴム製の黒いスリーブがありました。
コネクタを差し替える時には下にずらしてあげるとよいです。

Eufy RoboVac 30C Maxの裏蓋を外してバッテリー交換している
スリーブをずらしてからドライバーなどでツメを広げると簡単に抜けます
Eufy RoboVac 30C Maxのバッテリー交換を完了したところ
バッテリーを差し替えてカバーを閉じるだけの簡単作業

古いバッテリーを処分する際には、発火や破裂の危険性があるため必ず自治体が定める処分方法に従ってください。

動作確認

主電源をONにすると、起動音が鳴ってランプが青に点灯しました!

Eufy RoboVac 30C Maxのランプが青点灯している

充電ステーションに接続してみると問題なく充電もできており、その後の試運転も問題なく動作しました。

やはりエラーの原因はバッテリーの劣化だったようです。

Eufy RoboVac 30C Maxを充電している

バッテリー交換前は30~40分くらいで充電が切れていましたが、バッテリーを新品に交換したことで駆動時間も伸びて1時間以上掃除してくれるようになりました!

同時に交換した方がいいもの

ロボット掃除機をかけたはずなのに床にホコリや髪の毛が残ってる…

ロボット掃除機を長く使っていると、ちらほらそんなことが起こり始めます…

これはバッテリー以外にもブラシやフィルターも消耗しているからです。

ブラシの毛が摩耗するとごみをかき込むことができなくなり、フィルターが詰まるとそもそもの吸引力が低下します。

これらはお手入れだけで性能を戻すことができないので、新品に交換するのが最もコスパが良くておすすめです。

本体買い替えにおすすめの機種

もし今のロボット掃除機を長く使っている人は本体の買い替えを検討していいでしょう。
なぜならその方がお部屋を綺麗に保てるからです。

ロボット掃除機のモーターやフィルターは摩耗しますし、なによりロボット掃除機の性能は数年の間に向上しているため新機種の方が掃除の効率もクオリティも高いです。

我が家の場合、子供が生まれて掃除機をかけられる時間が以前よりも限られるようになりました。
今使っている30C MAXはランダム走行でバッテリーが切れるまで走り続けるタイプなので、掃除に時間がかかるのが難点です…

なので後継モデルの『RoboVac G30』か『Eufy Clean G40+』に買い替えを予定しています。

どちらも本体の移動ルートを計測できるトラッキングセンサーを搭載してるためより効率的なルートで掃除できるため、時間が限られる時でも確実に部屋を掃除してくれます。

G30はシンプルながら高機能な構成で30C MAXの正統進化版といった感じですし、
G40+はゴミ自動回収ステーションが付属するためややスペースは取りますが面倒なゴミ捨てすら2か月に1回で済むのが嬉しいですね

Eufy (ユーフィ)
¥29,490 (2024/05/20 18:44時点 | Amazon調べ)

Anker製品はAmazonのタイムセールで定期的に割引になっているので、ぜひチェックしてみてください!

Amazonタイムセール情報!

5月12日は母の日!

お母さんに感謝を…

ブログを始めてみたい方へ!

もりけぇBlogでは初心者の方にも分かりやすいようにブログ運営のノウハウを発信しています!

私は普通の会社員ですが独学でブログを始めて完全初心者から月間20,000PVブログ月収1万円を達成しました。
ブログは今も成長中です!

ブログから収入を得られるようになったことで「会社の外でも生きていけるかも」と思えるようになり、まだ途上ながらも人生が変わり始めた感覚があります。

ぜひこの機会に、自分の得意なこと・好きな分野でブログを始めてまずは月1万円の副業収入を目指してみませんか?

あなたの小さな一歩が人生を変えるきっかけになるかもしれません。

キャンペーン情報

初心者にも大人気の大手レンタルサーバー「ConoHa WING(コノハウィング)」では
期間限定キャンペーンでサーバー利用料金が通常料金から大幅割引中!

詳細は以下のキャンペーン特設ページをご確認ください!

ぜひこのお得な機会にWordPressブログを始めてみませんか?

もりけぇ

お得な今がチャンスです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
目次